練習の提案③~「なんでも実験室」を創ってみる~

前回までの記事で、動きの大まかなメカニズムを説明しました。

さて、今回はそのメカニズムをもとに、どう練習したらより望むような演奏が出来たりするか。そのやり方のヒントになると思われる方法を1つお伝えします。

 

そのやり方が、「なんでもためせる実験室を創り出す」です。 続きを読む

練習の提案②~動きのプロセスを分析してみると・・・~

前回、なぜ繰り返し練習しても出来ない、改善しない事があったりするのか?

人によって習熟に違いが生まれるのかの原因について、

 

動きが起こった後の感覚を基に動きを再現しようとするから、自然で楽な動きが出来なかったり、結果として問題の改善から遠ざかる場合があるため

 

と書きました。今回は、これについて説明します。

少々長くなりますが、興味がある方はお付き合いください。

続きを読む

自分を労わる~感情の応急処置~

TEDカンファレンスという、カナダ、バンクーバーで開かれる大規模な講習会があります。そこでは様々な分野でのアイデアが発表されており、日本でもNHKがスーパープレゼンテーションというタイトルで放映したり、TEDで検索してみると動画サイトに行けますので、ご覧になった方もおられるかもしれません。

続きを読む

演奏者が「約束」できること

皆さんは、演奏の本番をについて何か考えたことはありますか?

「来てくれた人に楽しんでほしい」「練習が足りないかも・・・不安だ」「めっちゃ会場もりあげよう!」などなど、色々な考えが人それぞれにあると思います。

今回はその中でも、自信がない人、良い演奏が出来ていないと自分を責めてしまう人、真面目な人誠実な人向けに記事をを書いてみます。

 

続きを読む

「おめでとう」を自分にも言ってみよう

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

この「おめでとう」だったり、「いい感じだね」や「素晴らしい!」など、ほめる言葉というのは自信をあたえてくれたり、嬉しい気持ちにさせてくれる言葉です。 続きを読む