ソーシャル③ 譜面台との距離~立奏編~

【譜面台との距離~立奏編~】

ソリストとして立奏する、立奏で練習をする、金管アンサンブルで立奏する・・・。管楽器の方は立奏って結構される機会が多いんじゃないのでしょうか?

そういう時、ひょっとしたら譜面台との距離が吹きやすさに関係しているかもしれません。

譜面台って、高すぎると客席から奏者の顔が見えなくて変だし、低すぎると中腰になって吹かなきゃだから大変です。高さは人それぞれでいいと思うのですが、大抵は目線より少し下くらいでしょう。

続きを読む

ソーシャル② 楽に手軽に音を出す!

[音だしは楽に手軽に!]

管楽器奏者のみなさんには、演奏前の音だしだったり基礎練習というのは習慣になっているのではないでしょうか?

確かに、楽器を吹いたり、歌ったりするのは、いつもとは違う身体や筋肉の使い方になるので、準備運動も、どんな音楽を演奏したいか考える時間が必要です。

続きを読む

ソーシャル投稿① 楽器の持ってきかたで演奏は変わる!

[楽器の持ってきかたで演奏は変わる!]

こんばんは!竹内慶貴です。

俺はホルン奏者なのですが、管楽器って立っても座っても似たようなな構え方をします。音を出すためにマウスピースを唇に持ってくる必要があるためです。

でもこのとき、いつもと同じ感覚で楽器を構えようとして、吹きにくくなったりする事がありませんか?

続きを読む

演奏の完璧さって?①~完璧主義について~

完璧に演奏したい、何一つミスなく演奏したい。そういう思いをもって練習に励んでいた時期が俺にはありました。皆さんはどうでしょうか?

今回は、完璧なものしか許せない完璧主義の弊害について考えていきます。俺の経験からの考察が多くなるので、その点はご了承ください。 続きを読む

「必要な力」だけで充分

楽器ケースや荷物をしょって歩くときや、楽器を構えているとき。そういう時に、ひょっとしたら必要以上の力で動いているかもしれません。自分の身体に任せて、必要な力でやりたいことをやるにはどうするかを考えました。 続きを読む

失敗に対処する練習と、想像(創造)的な練習を組み合わせる

練習しているとき、いつの間にか「ここはこういう失敗をしそうだから、こう対処して演奏しよう」とか「こんな失敗をしても大丈夫なようにこういう方法を身に着ける練習をしよう」とか考えているときがありませんか?今回は、こういう練習と創造的な練習の違いについて考察します。少々長くなりますが興味がある方はぜひ読み進めてください。

続きを読む