「頼れる感覚の再定義」?!

以前動きのプロセスについての記事を書いた事がありました(こちらの記事)この中で、「感覚は動きの結果」という事を書きました。今回は、この感覚というものについて、もう一度考えてみました 続きを読む

広告

関係性の選択(≪誰か≫について)

生きていくうえで自分や他のだれかとの関わりは否応なく必ず生まれてきます。その関係性をどう選択し、どう結ぶかを選ぶ権利が、私達一人一人にあると思います。 続きを読む

楽器の中にも空気はある

中学校ぐらいの時に、ホルンを始めて吹き始めて、「こんなにグネグネ曲がって、伸ばしたら吹き口からベルまで3mくらいの長さがあるところに息を届けるのは大変だ!」と考えたことがあります。

楽器の端から端まで息を入れる。ひょっとしたら、その考えは止めてもいいかもしれません。

続きを読む

ソーシャル⑪ 音を尋ねる~楽器に尋ねる編~

[音を尋ねる~楽器に尋ねる編~]
今回は楽器に尋ねるというやり方をお話しします…。といっても、楽器に話しかけたり聞こえない声を聴くといったものではありません。

演奏者が舞台に立つとき、共通していることが1つあります。それは「それぞれが演奏したい楽器を持って舞台に立つ」という点です。
声楽なら声帯を、ピアニストならピアノを、ホルン奏者ならホルンを。改めて言うまでもなく、当たり前の話ですよね(^^;)

ではその時、自分と楽器との関係性はどうなっているでしょうか?それが、楽器に音を尋ねるという事の肝です。

続きを読む

ソーシャル⑨ 音を尋ねる~自問実験編~

[音を尋ねる~自問実験編~]
楽器を演奏される方には、それぞれが「こんな音を出してみたい」「こんなふうに響かせてみたい」というような、理想の音ともいうべきイメージがあるかとは思います。

今回は、その探求に役立つかもしれない「音を尋ねる」というやり方についてお話します。

続きを読む

ソーシャル⑧ 自分への承認 

【自分への承認】
承認欲求という言葉があります。人間は誰かから認められたいという欲を持っているという考え方です。
これはとても分かりやすいと思います。幼稚園や、小学校のころ、部活や勉強、課外活動とかで先生や親から認められたい、褒められたいと思うのは、誰しも経験がある事ではないでしょうか?それが、承認欲求というわけです。

で、この承認欲求、自分が自分を承認することで満たせはしないだろうかと最近考えることがあります。
続きを読む