息の入るところ③意識するだけでもっと吸える!

管楽器の演奏をよりやりやすくするための、息を吸う事についてのお話し。
3回目は、どうすればもっと息が吸えるようになるか?です。

続きを読む

広告

息の入るところ②息を吸うってどんな動き?

前回は肺の位置や、息が入る仕組みが分かると、自然な呼吸の仕組みを取り戻し、息が楽になり演奏しやすくなるというお話をしました。

今回は「肺の位置は?実際に息を吸う時ってどんな動きをしているの?」というお話です。

続きを読む

息のはいる場所①~導入編~

管楽器奏者にとって、呼吸の事ってかなり気になる事じゃ無いでしょうか?息に余裕があればあるほど、演奏もやりやすくなります。

じゃあその息を吸って入る場所はどこでしょう?
もちろん吸った空気は肺に入ります。

でも、実際に肺はどんな場所にあるのか?どんな動きを吸ってる時するんだろう?そんな事を知っておくと、息を吸うのが楽になるんです。

続きを読む

「必要な力」だけで充分

楽器ケースや荷物をしょって歩くときや、楽器を構えているとき。そういう時に、ひょっとしたら必要以上の力で動いているかもしれません。自分の身体に任せて、必要な力でやりたいことをやるにはどうするかを考えました。 続きを読む

不安や緊張も含めて、やりたいことをやる

先週のBodyChanceでの授業と、自分の実践を含めて演奏における不安や、嫌な感覚についての向き合い方が変化できたので、どういうふうにそれらと向き合うか、それをここにまとめてみます。

続きを読む